ソーシャルワーク教育は誰がためにあるのか

〜社会福祉士・精神保健福祉士の教育内容見直しの原動力はどこに?〜

とき:2018年10月6日〜10月7日 ところ:駒澤大学駒沢キャンパス

48th 全国社会福祉教育セミナー2018 in Tokyo

 ●日時:2018年10月6日(土)〜10月7日(日)
 ●会場:駒澤大学駒沢キャンパス(東京都世田谷区駒沢1-23-1)
 ●テーマ:ソーシャルワーク教育は誰がためにあるのか〜社会福祉士・精神保健福祉士の教育内容見直しの原動力はどこに?〜
 ●定員:600名 
 
 ●主催:一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟
 ●後援:厚生労働省、文部科学省、法務省、社会福祉法人全国社会福祉協議会、公益社団法人日本社会福祉士会、公益社団法人日本精神保健福祉士協会、公益社団法人日本医療社会福祉協会、NPO法人日本ソーシャルワーカー協会、公益社団法人日本介護福祉士会、公益社団法人日本介護福祉士養成施設協会、認定社会福祉士認証・認定機構、全国福祉高等学校長協会、ソーシャルケアサービス研究協議会、一般社団法人日本社会福祉学会、日本地域福祉学会
 
 ● New! このセミナーの要旨集を販売いたします
基調講演やシンポジウム、分科会の資料の他、現在検討されている社会福祉士養成カリキュラム関連の経過が分かる参考資料が充実!目次でご確認ください!
表紙イメージ
目次 コチラ

申込フォーム コチラ
1冊3000円(税・送料込) 

 ●参加申込方法:事前申込は終了しました。当日、直接受付へおいでください。
参加費受付にて現金払いでお願いします。

 ●申込フォームはコチラから (終了しました)
  事前申込期間:2018年7月20日〜9月21日
  ※開設期間終了後で参加を希望される方は、当日会場でのお申し込み・お支払いとなります。
  ※学校や団体一括の場合も、できる限り申込フォームからお申込み下さい。

【急!重要なお知らせ】

会場の都合により、一部プログラムの開催場所を変更させていただきます。
すべて駒澤大学の校内での変更となります。

※ご注意ください! 受付の設置場所が変更になります。
・10月6日の受付は、3号館(種月館)の2階、3-207教室の前
・10月7日の受付は、1号館の3階、1-301教室前 に設置しています。

以下のプログラムについては会場をよくご確認のうえご参加ください

【会場を変更するプログラム】

10月6日(土)10:00-15:45
オープニング、基調講演、シンポジウム

変更前:メイン会場・記念講堂 受付・記念講堂前ホール
変更後:メイン会場・種月館(3号館)2階 3-207教室 受付・3-207教室前

10月7日(日)13:00-15:00
緊急企画、クロージング

変更前:メイン会場・記念講堂 受付・記念講堂前ホール
変更後:メイン会場・1号館 3階 1-301教室 受付・1-301教室前

※両日ともに分科会会場に変更はありません。
※記念講堂は使用しないため、受付場所を変更しています。
※1日目に受付をお済ませの方は、2日目の受付の必要はありません。
※会場変更に伴い、書籍の販売は行いません。

急遽の変更で皆様へご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

プログラム

<第1日目> (10/6)  『ソーシャルワーク教育は誰がためにあるのか』
 09:30〜     受 付
 10:00〜10:15 オープニング
 10:20〜12:00 基調講演『いま求められるソーシャルワーカーの役割と機能
                   〜その「専門」職性を考える』
 講師:井手英策さん(慶應義塾大学教授)

 12:00〜12:45 昼食休憩

 12:45〜15:45 シンポジウム『ソーシャルワーク教育は誰がためにあるのか〜社会福祉士・精神保健福祉士養成カリキュラムの見直しを見据えて』
 コーディネート:空閑浩人さん(同志社大学)
 シンポジスト:渡辺裕一さん(武蔵野大学)
         :柏木一惠さん(総合病院浅香山病院・日本精神保健福祉士協会会長)
         :中島康晴さん(特定非営利活動法人地域の絆、日本社会福祉士会副会長)
         :湯川智美さん(社会福祉法人六親会常務理事、
                        全国社会福祉法人経営者協議会人材対策特命チームリーダー) コメンテーター:井手英策さん(慶應義塾大学教授)

16:00〜18:00 分科会:Session1 
第1:『地球を意識するソーシャルワーク教育』 
第2:『高校における福祉人材育成の取組と高大連携の可能性』 
第3:『大規模自然災害とソーシャルワークを学生視点に考える』(学生企画) 
第4:『ソーシャルワーク専門職教育のための大学院を考える』
18:30〜20:00 情報交換会
20:00〜21:30 ミッドナイト・サロン2018 in Tokyo

<第2日目>(10/7) 分科会・緊急企画
09:30〜     受 付
10:00〜12:00 分科会:Session2 
第5:『ソーシャルワーク専門職としての社会福祉士と精神保健福祉士の関係は?』
第6:『福祉業界・福祉の学校の広報戦略』 
第7:『ソーシャルワーク専門職養成のスーパービジョン』 
第8:『災害時の福祉支援活動:学校のチカラ』
12:10〜12:55  ランチセッション(自由参加)『カンバセーション;国家試験対策の部屋』
13:00〜14:45  緊急企画:『ソーシャルワーカー養成教育の見直しの方向性』
14:45〜15:00  クロージング

キャンパスマップおよび各分科会の登壇者などはコチラをご確認ください 
  → キャンパスマップおよび全体プログラム
(PDF) 

セミナー開催チラシ

   こ ち ら

セミナー参加費

●事前申込 【2018年7月20日〜9月21日23:59締切】
大学・養成校教員等: 16,000円
院生・福祉従事者・利用者・高校教員・福祉に関心のある一般の方: 10,000円
大学生等: 2,000円

●当日受付
 ・大学・養成校教員等: 20,000円
 ・院生・福祉従事者・利用者・高校教員・福祉に関心のある一般の方、大学生等: 15,000円

※各区分の対象は、専ら各区分に日常的に従事している方をいいます。

情報交換会 参加費(1日目夜:駒澤大学学生食堂)

会場へのアクセス

駒澤大学駒沢キャンパス 交通アクセス キャンパス案内←駒澤大学のHPへ飛びます 

〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1 
最寄駅:東急田園都市線「駒沢大学」駅

・東京駅から
JR山手線で渋谷駅へ行き、東急田園都市線へ乗り換え、中央林間駅方面 各駅停車で3駅目「駒澤大学」駅下車。「駒沢公園口」出口から徒歩約10分。

・羽田空港から
東京モノレールで浜松町駅、又は京急線で品川駅へ行き、いずれもJR山手線へ乗り換えて渋谷駅へ。東急田園都市線へ乗り換え、中央林間駅方面 各駅停車で3駅目「駒澤大学」駅下車。「駒沢公園口」出口から徒歩約10分。

・駒澤大学駅から(徒歩約10分)
駒澤公園口出口を出ると、目の前を国道246号線が走り、上空の高架にて首都高速が通っています。
246号を道沿いに二子玉川方面へ(出口から246号に向かって左方向)歩きます。
駒澤交差点で左折し、道なりに歩きますと左手に正門があります。

参加者アンケート

最新情報&更新情報


2018.07.20 参加申込フォームを開設します

2018.07.19 48th 全国社会福祉教育セミナーのホームページを開設しました。